ハンター

 

今回は、ハンターのレインブーツの購入レポ

ハンターのレインブーツは実は2足目で、今回はリピートということになります。とても丈夫なレインブーツだったのですが、私が誤った使い方をしたがために傷みが出てしまい買い替えることに。

そんなハンターのブーツにおける、豆知識をまとめておきたいと思います。

ハンターの長靴(トールレインブーツ)は大きめサイズがオススメ!

【価格】1万円未満~*価格は変動します。

すでに2足目のハンターの長靴ですが、1足目はセール商品の購入でピッタリサイズがなく、意図せず大き目サイズを購入。でもこれが大正解でした。

というのも、ハンターの長靴は足首部分が細いので、脱ぐときが大変なのです。ジャストサイズの長靴を選べば、履き心地はぴったりしていて抜群だと思うのですが、「脱げない・・」という事態になる可能性大。

外出先で脱がないといけないときってありますよね。その時に、見事に脱げずに焦ってしまいかねません。

なので、私の経験上、ハンターのトールブーツ(長靴)を購入する場合は脱ぎやすさは大事なポイントで、大き目サイズがオススメです。

ハンターブーツ、購入レポ!

ちなみに私の足のサイズや特徴は次の通り。

  • 靴のサイズ:23cm~23.5cm
  • 特徴:甲高、幅広

そしてハンターのレインブーツ(長靴)の場合は、普段より大き目のUK5(24-24.5cm)を購入しています。

>>ハンターの長靴を見てみる(楽天市場)

ハンターの長靴(レインブーツ)脱げない!うまく脱ぐコツとは!?

ハンターのトールブーツ(ロングブーツ)は、しっかり足首で固定しくれる反面、ジャストサイズを購入してしまうと脱ぐのが大変という口コミは多いですよね。

実際に履いている身としても、納得です。私の場合は、いつも多くの荷物を持ち歩きたいタイプなので、手を使わないで脱ぎたい派。

大き目サイズのハンターの長靴を購入した私の手を使わない脱ぎ方のコツは、両足でかかとを擦り合わせて脱ぐこと

大き目サイズの長靴を購入した場合は、このかかとの擦り合わせで楽に脱ぐことが出来ています。

手を使わないで脱ぎたいという方は、是非試してみてください。

ハンターのレインブーツ、これはNG!2年で買い替えるハメになった原因とは!?

最初の1足はとあることが原因で見るも無残な状態になりました。その画像がこちら↓

ハンターレインブーツ

 

オリーヴという、グリーン系の綺麗な色味だったのですが、ところどころ真っ白に・・。この悲劇、2年履いた矢先に起こってしまいました。

雨の日にしか履かないのに2年って短い気がしますよね!?決して安くない長靴ですので、驚かれる方も多いはず。

原因は何かというと、「レインブーツの目的を逸脱して使用していたから」です。

具体的に言うと、海で遊ぶ際に濡れないためにこのハンターのレインブーツを履いて遊んでしまいました・・。そう、2年しかもたなかった原因は、海にこのハンターのレインブーツを履いて入ったからなのです!→大バカモノ

しかもその後、水洗いもせず、そのまま放置。結果、上記のような状態になってしまいました。

ハンターのレインブーツ、当たり前ですが、「レインブーツの目的を逸脱して使うのはやめましょう」。→自分に言っています。w

ハンターの長靴、どれくらいもつ!?

現在2足目のハンターブーツ!すでに4年履いておりますが健在です。

もちろん、雨の日にレインブーツ(長靴)として利用していて、4年です。まだしばらくは、もちそうですよ♡

以上、ハンターの長靴(トールブーツ)についてでした。

>>ハンターの長靴を見てみる(楽天市場)

おすすめの記事